広島新庄・迫田監督退任 4度の甲子園導く、後任に宇多村コーチ

[ 2020年4月1日 20:08 ]

3月末で退任した広島新庄の迫田守昭監督
Photo By スポニチ

 新型コロナウイルス感染拡大のため中止となった今春の選抜高校野球大会に出場予定だった広島新庄の迫田守昭監督(74)が1日、3月31日付で退任したことを明らかにした。後任は宇多村聡コーチ(33)が務める。

 迫田氏は2000~06年に母校の広島商監督を務め、07年秋に広島新庄監督の監督に就任。今春を含む4度の甲子園に導いた。3~4年前から退任を考えていたといい「チーム力が高いときに次のリーダーへすんなり引き渡せたと思う」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年4月1日のニュース