畠山愛理 キャンプ地訪問は「実は初めて…なんです」と笑顔「野球も野球以外も満喫した2日間でした」

[ 2020年2月9日 22:51 ]

結婚を発表した広島・鈴木(左)と畠山愛理
Photo By スポニチ

 NHK総合の「サンデースポーツ2020」(日曜後9・50)が9日に放送され、広島の主砲・鈴木誠也外野手(25)と昨年結婚した元新体操日本代表で番組キャスターの畠山愛理(25)が広島を含む5球団のキャンプ地をリポートする様子が放送された。

 鈴木のこの日の様子などの映像が流れた後で、大越健介キャスター(58)から「キャンプは初めてですか?」と聞かれた畠山は「はい。実は初めて…なんです」と笑顔。「ここでしか味わえないさまざまな楽しみ方があると聞いて、1泊2日で宮崎のキャンプ地を巡って来ました」と話してVTRがスタートした。

 初日のソフトバンク、オリックス、巨人に続いて2日目に4球団目として訪れたのが日南市でキャンプ中の広島。「ここから赤い道になってますね」とカープ色に染まった天福球場周辺を歩き「私、方向音痴ですけど、迷わず球場に到着しました」と笑顔を見せる場面も。直接取材する様子はなかったものの、行われていた紅白戦に「普段は見られないチームメート同士の対戦もキャンプならではです」という畠山のナレーションと鈴木の映像がニアミスし、現地でレポートする畠山の左手薬指には結婚指輪もはめられていた。

 最後に西武のキャンプ地を訪れ、合計5球団を取材した畠山は「選手との交流、そしてさまざまなイベント。野球も野球以外も満喫した2日間でした」と感想。VTR明けに大越キャスターから「チキン南蛮をあれだけ頬張る人もなかなかいなかった」とキャンプ地のグルメリポートの一幕をいじられると「ちょっと思い切り頬張り過ぎましたね、すいません」と恥ずかしそうに笑いつつ「ただ、試合とは違って選手と同じ目線で、しかも至近距離で練習が見れるっていうことはすごく新鮮だなと思いましたね。野球はもちろんなんですけど、空いた時間もすごく楽しかったです」と最後まで笑顔で締めくくっていた。

 誕生日が2日違いの鈴木と畠山はお互いの誕生日に挟まれた昨年8月17日に婚姻届を提出し、12月3日にハワイで挙式。同7日に結婚していたことを発表した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年2月9日のニュース