巨人・戸郷、2回無失点 恩師の前でモタ斬りも

[ 2020年2月9日 13:43 ]

<巨人キャンプ>紅白戦で力投する戸郷(撮影・森沢裕)
Photo By スポニチ

 巨人・戸郷翔征投手(19)が9日、宮崎キャンプで行われた紅白戦に紅組で先発。2回で3安打を打たれるも、無失点に抑えた。

 地元・宮崎での登板で、家族や母校・聖心ウルスラ学園の恩師も観戦に訪れた試合に気合い十分。初回2死では、売り出し中の育成2年目のモタを真ん中高め142キロ直球で空振り三振に斬った。

 2回は1死から中島、若林に連打を打たれ、一、三塁のピンチ。それでも小林を遊ゴロ併殺打に打ち取った。無失点投球も「まっすぐに不満。モタのまっすぐはよかった。確率をあげたい。家族やウルスラの恩師も見ていて抑えたかった」と悔しさをにじませた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年2月9日のニュース