満点デビューのはずが…ロッテドラ3・高部、V三塁打も右手骨折 帰京し精密検査へ

[ 2020年2月9日 05:30 ]

練習試合   ロッテ20-4台湾・楽天 ( 2020年2月8日    石垣島 )

2回裏2死満塁から左中間三塁打を放つ高部(撮影・長久保 豊)
Photo By スポニチ

 ロッテのドラフト3位・高部(国士舘大)が沖縄県石垣市内の病院で右手有鉤(ゆうこう)骨骨折と診断された。

 台湾・楽天戦に「2番・右翼」で先発出場し、2安打3打点1盗塁。初回1死から左前打で出塁すると次打者の初球に二盗成功。同点の2回2死満塁では左中間へ走者一掃となる決勝三塁打を放った。

 満点デビューと思われたが、2回の打席で右手首を痛め、試合後に病院で骨折が判明。球場に戻り「全然、大丈夫」と前を向いたが、9日に一時帰京し、精密検査を受ける。まさに天国から地獄の結末となった。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年2月9日のニュース