阪神・西純&及川、プロ入り後初のブルペン入り 山本昌臨時投手コーチ「ナイスボール」

[ 2020年2月5日 12:30 ]

阪神2軍安芸キャンプ・第1クール最終日 ( 2020年2月5日 )

<阪神2軍安芸キャンプ>山本昌臨時コーチ(後方)が見守る中、ブルペンで投球練習を行った西純(左は小川)  (撮影・成瀬 徹)      
Photo By スポニチ

 ドラフト1位の西純矢投手(18=創志学園)、ドラフト3位の及川雅貴投手(18=横浜)が5日、2人揃ってプロ入り後初のブルペン入りした。

 平田2軍監督や山本昌臨時投手コーチら多くの首脳陣が見守る中、ともに捕手を立たせて全て直球で30球。力強いストレートを投げ込んだ。「高卒BIG4」の中では2人が初のブルペン入り。投球終了後山本昌臨時投手コーチからも「ナイスボール」と声をかけられていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年2月5日のニュース