広島 新助っ人・ピレラ、三塁いける!高ヘッド高評価「足さばきがいい」

[ 2020年2月5日 05:30 ]

日南キャンプ ( 2020年2月4日 )

安部(左)、メヒア(右)と一緒に三塁でノックを受けるピレラ (撮影・奥 調)
Photo By スポニチ

 広島の新助っ人・ピレラ(フィリーズ)は、本格挑戦する三塁守備に首脳陣から高評価を与えられた。初日から4日連続で三塁に入り、安部、メヒアとノックを受けた。全力での送球は控えているものの、目立ったミスもなく軽快なグラブさばきを披露。

 ノッカー役を務めた高ヘッドコーチは「僕の中での評価は高い。足さばきがいい」と目を細め、山田内野守備走塁コーチは「悪くない。肩がまだできていないけど、グラブの使い方は問題ない。あとは実戦での動きになる」とそろって上々の評価を口にした。

 本職は二塁と外野で、首脳陣が構想する三塁は、メジャーで17年の1試合しか経験がない。それでも「最後に三塁を守ってから時間がたっているけど、感覚を取り戻せている。あとは練習をしていけばさらに感覚は良くなる」と自信を見せた。この日のサインプレーでは二塁に入ったが、高ヘッドコーチは「人数の関係」と説明。今後の守備練習も三塁一本を継続して、適性を見極める方針だ。(河合 洋介)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年2月5日のニュース