阪神・北條 来季こそ“イトジョー”二遊間結成宣言「とにかく結果を出します」

[ 2019年12月25日 05:30 ]

壇上で話す北條(左)と糸原(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 阪神・北條が24日、糸原とともに東京都内で開かれたファンクラブイベント「クリスマスパーティー」に参加し、来季こそ“イトジョー”の結成を誓った。

 「毎年同じこと言ってるので、来年はずっと組みたいですね。僕は全試合出たことがないので、そういう1年にしたいです」

 約1年前も同じ場で糸原と共演して二遊間コンビ定着へ意欲を燃やしていた。結果は全試合出場の先輩とは対照的に遊撃先発は37試合にとどまり、同88試合の木浪に後れを取った。「とにかく結果を出します」と来季にかける思いは強い。

 グラウンド外では既に息はピッタリだ。開演前には2年連続の共演について「一番やりやすいのは坂本誠志郎(1学年上)ですけど、一緒ぐらいやりやすいです」と隣の糸原をチラ見。さらに「尊敬するところはあります。体強いし。痛がる時に大げさな時はありますけど」と報道陣を笑わせ、糸原から「まだトークショーじゃないぞ」とツッコミを入れられた。

 本番でも「イトちゃんと呼んでくる」と明かされ、「いや、糸原先輩と言ってます」と返して280人の来場者を盛り上げるなど名コンビぶりを発揮。呼吸の合った“イトジョー”コンビが来季はグラウンド内でも結成されるだろうか。(巻木 周平)

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2019年12月25日のニュース