ソフトB今宮 2・9億円でサイン 不本意だった4年契約の1年目「残り3年恩返ししたい」

[ 2019年12月25日 13:17 ]

<ソフトバンク契約更改>契約を更改し会見する今宮(撮影・岡田 丈靖)
Photo By スポニチ

 ソフトバンクの今宮健太内野手(28)は25日、ヤフオクドーム内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、4年契約の2年目となる来季は3000万円増の2億9000万円でサインした。

 「ケガで2年連続離脱して、1年間まともにできていない。申し訳ない気持ち。残り3年恩返ししたい」

 今季は昨季痛めた左太腿裏の影響で106試合の出場となり、打率・256、14本塁打、41打点。それでも、シーズン序盤は3番に座り、西武とのCSファイナルSでは打率・526、3本塁打、7打点でMVPを獲得するなど活躍した。

 「来年は1年間フルで戦えるように、一人でショートを守れるように頑張りたい」と話した。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2019年12月25日のニュース