ヤクルト山田、バレ移籍で徹底マーク?「はねのける自身ある」

[ 2019年12月25日 05:30 ]

サンタ帽をかぶったつば九郎の横で笑顔を見せる山田哲(撮影・森沢裕)
Photo By スポニチ

 ヤクルトの山田哲人内野手(27)が24日、東京都内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、7000万円増の年俸5億円でサインした。02年に年俸4億5000万円だったペタジーニを抜く球団史上最高年俸。複数年契約を打診されたが、決意の単年契約を結んだ。順調なら来年に国内FA権の取得要件を満たすが、まずは球団の顔として「優勝」「史上最多4度目のトリプルスリー」「東京五輪金メダル」を誓った。

 【山田哲に聞く】
――バレンティンがソフトバンクに移籍した。

 「いなくなった分、マークがきつくなると思う。でも、自分のスイングができていれば、はねのける自信はある」

 ――球団からの要望。

 「青木さんと一緒にチームを引っ張ってほしいと。大きな声を出して、元気よくプレーするタイプではないけど、プレーで引っ張ってほしいと言われた」

 ――自分からは球団に何を話したか。

 「思っている気持ちを全部素直に話した。チーム全体の話もあるけど、基本的には自分のことについてです」

 ――来シーズンでFA権の取得要件を満たすが、入団当初から意識は。

 「(何年かたって)途中からです。こういう形になると想像していなかった」

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2019年12月25日のニュース