ヤクルト山田、球団社長と面談…メジャーは「まだ考えていない」

[ 2019年12月25日 05:30 ]

<ヤクルト契約更改>会見で笑顔を見せる山田(撮影・森沢裕)
Photo By スポニチ

 ヤクルトの山田哲人内野手(27)が24日、東京都内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、7000万円増の年俸5億円でサインした。02年に年俸4億5000万円だったペタジーニを抜く球団史上最高年俸。複数年契約を打診されたが、決意の単年契約を結んだ。順調なら来年に国内FA権の取得要件を満たすが、まずは球団の顔として「優勝」「史上最多4度目のトリプルスリー」「東京五輪金メダル」を誓った。

 契約更改交渉後に山田哲と面談した衣笠剛球団社長が、将来的なメジャー挑戦の意向があるかを本人に確認したことを明かし「まだ考えていないと言っていた」と話した。今オフはポスティングシステムでDeNA・筒香や巨人・山口の米移籍が決定。将来的なメジャー挑戦の意向を伝える選手も増えているが、山田哲は会見では「ご想像にお任せします」と語った。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2019年12月25日のニュース