ソフトB嘉弥真「僕がまさか…」大台突破1・1億円「来年もサイドで頑張ろうと思う」

[ 2019年12月25日 05:30 ]

3000万円アップの1億1000万円でサインした嘉弥真(撮影・中村達也)
Photo By スポニチ

 救援左腕のソフトバンク・嘉弥真は3000万円増の年俸1億1000万円プラス出来高払いで更改。今季は3年連続50試合以上となる54試合に登板し左キラーとしての地位を確立し、侍ジャパンにも初選出された。来季9年目を迎えるサイドスローは大台突破に「僕がまさか。こうなると思ってなかった。サイドスローになって3年。来年もサイドで頑張ろうと思う」と決意を新たにした。

 印象に残った登板には日本シリーズ第4戦の巨人・阿部への死球を挙げ「阿部さんの最後のピッチャーになるんじゃないかと思ってドキドキした。最後にはならなかったけど、これからの人生で消えないと思う」と苦笑いした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2019年12月25日のニュース