西武加入の森越、入団会見 背番59「日本一のためのピースに」

[ 2019年12月25日 05:30 ]

西武入団が決まり、渡辺GM(右)に帽子をかぶせてもらう森越
Photo By スポニチ

 阪神を戦力外となり、西武と契約を結んだ森越が球団事務所で入団会見を行った。背番号59のユニホームに袖を通し「辻監督の求めていることを理解して、日本一のためのピースになれたら」。

 14年に中日、今年は阪神と2度、戦力外を経験。11月の合同トライアウトは「家族にユニホームを見せるのは最後」と引退を覚悟していたが、長男の1歳の誕生日だった同28日にオファーが届いた。会見には明日香夫人と長男も同席。堅実な内野守備が評価されている森越は「“パパはプロ野球選手なんだ”と分かってもらえるまで頑張りたい」と誓った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2019年12月25日のニュース