駒大、1部残留へ先勝 竹本6回零封8Kの好救援「いつでもいける準備はしていた」

[ 2019年11月10日 05:30 ]

東都大学野球秋季1、2部入替え戦第1日   駒大(1部6位)3―1拓大(2部1位) ( 2019年11月9日    神宮 )

拓大に勝利しガッツポーズする駒大・竹本 (撮影・白鳥 佳樹)
Photo By スポニチ

 1回戦が行われ、1部6位の駒大が3―1で2部1位の拓大に先勝した。1点リードの4回から救援した竹本祐瑛投手(3年)が6回無失点の好救援を見せた。駒大は10日の2回戦に勝てば1部残留が決まる。

 駒大は竹本が好救援で先勝に導いた。今秋は開幕投手を務めるなど先発の一角を担った3年生右腕はブルペン待機。「いつでもいける準備はしていた」と不安定だった先発の1年生・福山に代わり、2―1の4回から登板した。6回を2安打無失点。8三振を奪う力投を見せ、最後まで投げ切った。リーグ戦後は毎日、ポール間走で下半身を強化。「やり遂げて自信がついて腕が振れた。明日もどこでもいく」と残留へ力を込めた。

 ▼拓大内田俊雄監督(初戦を落とし)エラーは出たけど手応えはある。勝負は明日(2回戦)だから頑張ります。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年11月10日のニュース