中日ドラ5岡林が仮契約 「どちらでもいけるように」二刀流意欲もスカウトは「8割方バッター」

[ 2019年11月10日 18:11 ]

中日と仮契約したドラフト5位の岡林勇希
Photo By スポニチ

 中日からドラフト5位指名を受けた菰野の岡林勇希投手(17)が10日、三重県四日市市内のホテルで入団交渉に臨み、契約金3000万円、年俸550万円で仮契約した。

 「野球以外のところでもこれから行動、言動で気を引き締めないと」と言葉に実感を込めた。最速153キロを投じる右腕でもあり、高校通算21本塁打の左のスラッガーでもある。「まずは体づくりをしっかりして、どちらでもいけるように準備をしたい」と意気込んだ。現在は体重74キロだが「80~85キロにしたい」と増量に取り組んでおり「一回りも二回りも体を大きくして、1シーズン戦える体をつくりたい」と話した。

 中日の米村明チーフスカウトは「現場に判断してもらう」としつつも「(投手、野手)両方できますという話はしているが、8割方バッターだと思っている。バッターとしての将来性が高いと思っている」と外野手としての評価が高いことを明かした。(金額はいずれも推定)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年11月10日のニュース