巨人 新たな打撃練習導入 バットコントロール向上へ「ノックバット練習」

[ 2019年11月10日 05:30 ]

ノックバットで2つのネットを狙ってロングティーをする岡本(撮影・森沢裕)
Photo By スポニチ

 巨人に新たな打撃練習が取り入れられた。本塁付近から約25メートル先と、約90メートル先のネットに、自身がトスした球をノックバットで打ち込む。バットコントロール向上のためで、岡本は最初の46スイングで手前のネットに4球連続を含む16球、奥には2球を運び「難しかったですが、楽しかったです」と話した。

 また下半身強化のため、円形の「バランスディスク」に乗って打つティー打撃も行われた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年11月10日のニュース