国士舘 都城東に快勝 エース中西が無四球完封「こだわってきたことなのでよかった」

[ 2019年11月10日 05:30 ]

秋季高校野球 東京都大会準決勝   国士館5-0都城東 ( 2019年11月9日    神宮 )

先発する国士舘・中西 (撮影・白鳥 佳樹)
Photo By スポニチ

 来年センバツの重要な参考資料となる東京都大会は9日、神宮球場で準決勝2試合が行われ、国士舘は都城東に5―0で快勝した。

 国士舘はエース中西が都城東を相手に2安打9奪三振、三塁を踏ませず無四球完封だ。高校入学後に投手を始め、1メートル86の長身ながらサイドハンド気味のフォームで快投。「無四球は投手を始めてからこだわってきたことなのでよかった」と笑い、6回には自ら決勝犠飛も放った。今年のセンバツでは大阪入り後に右手人さし指を痛めて登板できなかっただけに「ここまで来たら負けられない」と決勝での連投にも意欲的だった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年11月10日のニュース