松坂、中日退団へ “恩人”森SD&友利国際渉外担当退任で決断

[ 2019年10月4日 05:45 ]

18年4月30日、日本球界復帰後初勝利を挙げ、森監督(左)に祝福される松坂
Photo By スポニチ

 中日の松坂大輔投手(39)が今季限りで退団の意向を固めたことが3日、分かった。球団が慰留を断念すれば退団が正式に決まる。17年オフに自らの入団に尽力した森繁和SD(64)、友利結国際渉外担当(52)の退団が大きく影響したとみられる。松坂は現役続行を強く希望しており、他球団への移籍を目指す。

 松坂が2年で中日のユニホームを脱ぐ。複数の関係者によると、球団から来季契約の方針を伝えられ、熟考を重ねてきたが、球団を退団する決意を固めたという。

 松坂は9月1日に加藤宏幸球団代表と会談し、現役続行の意思を伝えた。加藤代表は「球団としての対応が白紙というのは変わりない。現場と今後、どうするか相談する」として意見集約を行い、同月27日に2回目の会談を行ったが、松坂は即答を避けていた。この日、加藤代表は「明日(4日)連絡がなければ、こちらから連絡することもある」と話し、一両日中に3度目となる直接会談を行うことを示唆した。球団は慰留するもようだが、松坂に近い関係者は「本人の意思は固いようだ」と話した。

 球団側は今季年俸8000万円からの減俸幅を一定に抑えた条件を用意していたとみられる。松坂はかねて「球団には配慮をしていただいている」と話しており、条件面は退団の理由とは一切関係ないという。

 最大の要因は、今月1日に森SDと友利国際渉外担当の退団が決定したこと。自らが17年オフにソフトバンクを戦力外となった後、最初に声を掛けてくれ、テスト入団の際には球団内の意見を集約して獲得に尽力してくれた2人の退団が大きな影響を与えた。松坂は「2人がいなかったら今の僕はない。感謝してもしきれない」と話すほど、大きな存在だった。

 今季は2月の沖縄・北谷キャンプでファンと接触し右肩を負傷。7月に1軍復帰も2試合の登板に終わり、8月20日には右肘を痛め、その後は実戦登板はなかった。それでも9月中旬には、強いキャッチボールを行い「だいぶいい形に戻ってきた」と話している。「どういう状況であっても、野球を続けたいと思っている」と現役続行に迷いはなく、自由契約となった際には他球団移籍を目指すことになる。

 1、2軍問わず、若手投手の中には、その人柄にひかれ、的確なアドバイスも受けて飛躍を遂げた選手も多くいる。チームに大きな影響を与えた日米通算170勝右腕のオフの動向から目が離せなくなりそうだ。

 ≪他球団との契約はトライアウト終了後≫松坂の退団が決まり自由契約となれば、他の戦力外選手と同じ扱いになる。日本野球機構(NPB)と日本プロ野球選手会の申し合わせによる運用ルールにのっとり、他球団との契約が可能になるのは11月中旬の12球団合同トライアウト終了後。松坂自身が参加しなくても、トライアウトが終了すれば直後から契約ができる。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2019年10月4日のニュース