巨人・岡本、紅白戦で痛烈2点打 CSファイナルSへ「しっかりやりたい」

[ 2019年10月4日 05:30 ]

紅白戦   紅組3―2白組 ( 2019年10月3日    東京D )

3回2死満塁、左前に2点適時打を放つ岡本(投手・高橋)(撮影・西海健太郎)
Photo By スポニチ

 巨人白組の4番・岡本は3回2死満塁で、左腕・高橋から左翼線へ2点適時打。三塁手の頭上をライナーで越える力強い打球だった。

 昨年はポストシーズン5試合を1安打で、チームはCSファイナルSで広島に3連敗して敗退。その悔しさを晴らすべく「しっかりやりたい」と調整を続ける。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年10月4日のニュース