巨人・菅野 離脱後初シート打撃登板 打者18人相手に安打性2本 CS復帰へ前進

[ 2019年10月4日 18:06 ]

川崎市ジャイアンツ球場の室内練習場で、シート打撃に登板する巨人・菅野
Photo By スポニチ

 腰痛でリハビリ中の巨人・菅野智之投手(29)が4日、離脱後初のシート打撃に登板した。川崎市ジャイアンツ球場でファーム練習に参加。室内練習場のブルペンで20球を投げ込んだ後、マウンドからノーワインドアップで打者18人を相手に計64球を投じた。

 安打性の当たりは2本。スライダー、カーブ、フォークなど変化球の感触も確かめた。高田2軍監督は「順調には上がってきている。(腰を)かばっている様子もないし、8割くらいのところには来ているのかなと思います」と話した。CSファイナルステージでの復帰に向けて着実に前進している。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年10月4日のニュース