阪神「ファンが選ぶ月間MVP」9月は近本 新人セ最多安打記録&盗塁王

[ 2019年10月4日 05:30 ]

打撃練習を終えた近本(撮影・坂田 高浩) 
Photo By スポニチ

 SNSとの連動企画「ファンが選ぶ月間MVP」の第7回はドラフト1位・近本光司外野手(24)が1340票(Twitter1338票、はがき2票)を集め9月のMVPをつかんだ。セ・リーグの新人シーズン安打記録を塗り替え、盗塁王を獲得するなど記録ずくめの1カ月。すっかり中心選手となった切り込み隊長は、スポニチ読者に感謝の言葉を口にした。(取材・構成 巻木 周平)

 打って走って球史に名を刻んだ近本が、ガルシアを僅差で抑えてMVPに輝いた。投票結果を知り、「僕ですか!?」と驚いた表情を見せた後、投票してくれたファンに感謝の思いを口にした。

 「オールスターのファン投票と同じで、そういう風に応援してもらえることは本当にうれしく思いますね。想像以上に自分は見てもらえているのだと実感します。本当にありがとうございます」

 1340票がインパクトの強さを物語る。全21試合に先発出場し91打数27安打の打率・297。コンスタントに快音を響かせる中で節目を次々越えていった。18日のヤクルト戦の3安打で58年長嶋茂雄(巨人)のセ・リーグ新人最多153安打に並び、翌19日の同戦の第1打席に右前打を放って“長嶋超え”。周囲の期待による重圧などなんのその。さらりと記録を塗り替え、プロ野球の新人では歴代3位の159安打でシーズンを終えた。

 月間10盗塁はリーグ最多で(2位は広島・鈴木の6盗塁)、シーズン36盗塁でヤクルト・山田哲を抑えて01年赤星憲広以来、史上3人目の新人盗塁王に輝いた。打と走で球界をかき回した近本に票が集まるのは当然か。投票した虎党の熱がこもったコメントを紹介する。

 『掛布タイガース31』さんは「あのミスタープロ野球、長嶋茂雄さんが持っていた新人最多安打記録を更新した場面はとても感動しました」と話し、『なにわboy』さんは「シーズン前に公言していた盗塁王も獲得し、チームの走塁力も大幅に上げてくれたと思います!」と大絶賛。『孔喜』さんは「近本選手が(塁に)出たら点が入るので期待してます」と全幅の信頼を寄せた。

 こんな意見も。『ぽにープリン族』さんは「ドラフト1位で正解やったと思います。矢野さんの見る目がありすぎてびっくりしてます」。“目玉”ではなかった近本の1位獲得に深く感謝した。

 数字に加えて新人とは思えぬ冷静なプレースタイルが魅力的な近本は、初の短期決戦でも淡々と力を発揮し、虎党を喜ばせてくれるはずだ。

○…近本は甲子園での全体練習に参加し、全メニューをこなして調整した。鳴尾浜球場を訪れて古巣の大阪ガスと阪神2軍との練習試合を観戦。関係者にもあいさつし、橋口博一監督から「思い切りいかなあかんで。それがお前のいいところやから」とCSに向けて激励された。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年10月4日のニュース