ロッテ伊志嶺、戦力外で引退覚悟「後悔ない」 大嶺は育成契約か

[ 2019年10月4日 05:30 ]

ロッテ戦力外通告

球団から来季の契約を結ばないと通達されたロッテ・伊志嶺。
Photo By スポニチ

 10年ドラフト1位のロッテ・伊志嶺は現役引退の覚悟を口にした。「トライアウトは受けません。高い確率で引退する。ここ数年はケガも多く1軍の戦力になれなかったけど、やってきたことに後悔はない」。

 大学生野手では同学年のソフトバンク・柳田、西武・秋山より、上位で指名され、1年目の11年に32盗塁。ただ、故障など定位置はつかめなかった。今後は「球団からいいお話をもらった」と残留する見通し。また、06年高校生ドラフト1巡目・大嶺は今年1月に右肘内側側副じん帯再建術でリハビリ中。腰の手術予定の高浜、島とともに育成選手契約を打診されている。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年10月4日のニュース