巨人ドラ6戸郷、紅白戦1回零封 CSは先発&第2先発「どちらでも対応していきたい」

[ 2019年10月4日 05:30 ]

紅白戦   紅組3―2白組 ( 2019年10月3日    東京D )

力投する戸郷(撮影・森沢裕)
Photo By スポニチ

 巨人のドラフト6位・戸郷が東京ドームで行われた紅白戦に登板し、1回を3者凡退に抑えた。9日から始まるCSファイナルSでの起用法について原監督は「スターターもできるだろうし、第2スタートみたいな形もできるだろうし、これからまだ思案のところ」と明かした。

 3番手で7回から登板したルーキー右腕は、増田大を右飛、若林を遊飛、吉川尚を二ゴロに抑え「順調にいけている部分が多い」と手応え。CSの先発は初戦の山口が確定、2戦目以降はメルセデス、桜井、高橋らが候補。戸郷は「(先発と第2先発)どちらでも対応していきたい」とダブルスタンバイで対応する。腰痛でファーム調整中の菅野はこの日、ブルペン入りし34球。エースが復帰できるかにもよるが、先発での出番もありそうだ。 (青森 正宣)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年10月4日のニュース