DeNA・砂田の“神対応” 練習予告&1時間以上「青空サイン会」

[ 2019年1月14日 15:22 ]

練習後、大勢のファンにサインするDeNA・砂田
Photo By スポニチ

 ファンへの優しさと、真面目な性格がにじみ出ていた。DeNA・砂田毅樹投手(23)が、横須賀市でのベイスターズ球場での自主トレ後、1時間以上にわたって「青空サイン会」を行った。

 球場を取り囲むフェンスぞいに、100メートル以上。待っているファン一人一人に丁寧にサインし、時には笑顔で写真撮影にも応じた。

 砂田のファンサービスは、ただサインをするだけではない。自身のツイッターで、球場に行くかどうかを事前に告知するのだ。

 「ファンの方から、(来るかどうか)聞かれるので。僕のサインが欲しい人もその方がいいでしょうし」

 何とも優しい。この日も正午前、自身のアカウントで「長浦行くときは基本ツイートしないので。行きませんってツイートないときは長浦にいます」とつぶやいた。横須賀市長浦にある球団施設に「行かない」時にはきちんと告知する。ファンが待ちぼうけにならないように、との心遣いだ。

 今季が6年目を迎える左腕。冬の寒さの中で待っていたファンの心も、砂田の優しさにほっこりと温かくなったに違いない。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年1月14日のニュース