DeNAドラ4・勝又 ルーキー唯一の2日連続ブルペン「次のクールからバンバン投げたい」

[ 2019年1月14日 13:41 ]

2日連続でブルペン投球を行ったDeNAのドラフト4位・勝又
Photo By スポニチ

 DeNAのドラフト4位・勝又温史投手(18=日大鶴ヶ丘)が、ベイスターズ球場での新人合同自主トレで2日連続のブルペン投球を行った。

 前日の初投げに続いて、ルーキーで唯一の2日連続のブルペン入り。中腰の捕手を相手に21球を投げ込んだ。

 ドラフト1位・上茶谷から「あいつは身体能力おばけ」と評される右腕。ここまでの調整は順調で、次回の投球練習からは捕手を座らせる予定でおり「(16日からの)次のクールからバンバン投げたい」。この日は祝日とあって大勢のファンが詰めかけ、「練習でもたくさんのファンの人がいて新鮮。刺激になる」と話した。

 入寮の際には愛用のウクレレを持ち込んだ。「部屋で弾いてます。でも“うるさい”って言われるんですよ」と笑顔で話した。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年1月14日のニュース