DeNAドラ1上茶谷、初ブルペン「バランス良かった」好感触の20球

[ 2019年1月14日 05:30 ]

ブルペンで投球する上茶谷(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 DeNAドラフト1位の上茶谷(東洋大)が、新人合同自主トレで初のブルペン入り。捕手を立たせたまま20球を投じ「体重移動ができないとフィニッシュが決まらないので、そこを意識して投げた。バランスは良かった」と振り返った。

 即戦力の期待が高い最速151キロを誇る右腕は、16日以降に捕手を座らせる予定で「変化球も少しくらいは投げたい」と見通しを口にした。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年1月14日のニュース