巨人・沢村 例年オフより練習量アップ 今季に強い決意「巨人は勝たなければいけない」

[ 2019年1月14日 14:36 ]

 ハワイで自主トレを行っている巨人の沢村が14日(現地時間13日)、優勝への思いを口にした。「巨人は勝たなければいけないし、優勝を求められている。みんなでビールかけをしたい」。自然と言葉に熱がこもった。

 昨季は中継ぎで1勝6敗、防御率4・64。「結果が出ない努力は何の意味もないという信念を持ってやっている。去年、結果が出なかったわけだから何かを変えなくてはいけない」と悔しさが強い決意に変わった。例年のオフよりも練習量を増やし、自主トレ期間は1日約4時間ほど体を動かしている。この日も強い日差しの中、ランニングや約100メートルの遠投などで汗を流した。

 次回はチーム全員でハワイを訪れる。「やっぱり優勝旅行で来たいし、みんなの家族も連れて来たい」と決意を堅くした。そのために自身がすべきことは明確だ。「チームが勝つ試合で、求められて、その中で結果を残す」。実力主義の世界で、自らポジションを勝ち取り、チームの優勝に貢献していく。(岡村 幸治)

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年1月14日のニュース