JFE西日本・河野、登板2試合連続完封!04年以来の4強入りに貢献

[ 2018年11月10日 14:42 ]

スポニチ後援社会人野球日本選手権第10日 準々決勝   JFE西日本4―0日本生命 ( 2018年11月10日    京セラドーム大阪 )

<日本生命・JFE西日本>完封勝利を飾ったJFE西日本・河野(撮影・成瀬 徹)
Photo By スポニチ

 JFE西日本の河野竜生投手(20)が8安打完封し、優勝した第31回大会(04年)以来の4強進出を決めた。

 「相手をかわさず攻めきることができた。(捕手の)浦さんのリードに任せて思い切って投げました」

 初回から毎回のようにピンチを背負ったが「生命線だと思っている」という140キロ台中盤の直球を軸に力で押した。味方の好守にも助けられ、1回戦の宮崎梅田学園戦に続く完封勝利を挙げた。

 鳴門高ではエースとして甲子園に3度出場し、最高成績は3年夏の8強。来秋ドラフト候補に挙がる左腕は「野球人生でベスト4は初めて。日本一になれるよう、しっかり準備していきたい」と意気込んだ。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年11月10日のニュース