環太平洋大の来秋ドラフト候補・西山が7回1失点「慌てることなくやれた」

[ 2018年11月10日 05:30 ]

明治神宮大会大学の部   環太平洋大2―1函館大 ( 2018年11月9日    神宮 )

環太平洋大先発・西山(撮影・尾崎 有希)
Photo By スポニチ

 環太平洋大は来秋ドラフト候補の143キロ右腕・西山が7回1失点。4年連続で8強に進んだ。

 出どころの見づらいフォームで6回まで2安打。7回に1点を失ったが、昨年の今大会も6回無失点と好投して慶大を破っただけに「慌てることなくやれた」と笑顔。次戦は法大と対戦。前広島監督の野村謙二郎氏(スポニチ本紙評論家)を兄に持つ野村昭彦監督は「六大学には負けません」と気合十分だった。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年11月10日のニュース