秋山、満塁一掃打 ツーシームを左翼線へガツン「とにかく前に」

[ 2018年11月10日 05:30 ]

日米野球第1戦   侍ジャパン7―6MLB選抜 ( 2018年11月9日    東京D )

5回1死満塁 秋山は左線に3点二塁打を放つ(撮影・三島 英忠)
Photo By スポニチ

 秋山(西武)が3点を勝ち越された直後の5回1死満塁で、左翼線へ走者一掃の同点二塁打を放った。「とにかく前に飛ばして、打点になるよう速い球に合わせていった。いいところに飛んでくれた」。

 真ん中高めから外へ沈んで逃げていくツーシームを捉えた一打。手元で動く球は国際舞台で長く日本の課題として立ちはだかり、昨年3月のWBC準決勝・米国戦でもその魔球にてこずり敗れた。教科書通りの球に逆らわない打撃で攻略した。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年11月10日のニュース