高橋礼、鮮烈“礼封”デビュー サブマリン2回3K「緊張しなかった」

[ 2018年11月10日 06:00 ]

日米野球第1戦   侍ジャパン7―6MLB選抜 ( 2018年11月9日    東京D )

7回1死一塁、アクーニャと対戦する高橋礼(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 ライジング・レイだ。新人で唯一侍ジャパン入りしたサブマリンが、鮮烈なデビューを飾った。高橋礼(ソフトバンク)が4番手で7回から登板。2イニングを1安打無失点に抑える好投を見せ、逆転サヨナラ勝ちにつなげた。

 「緊張はしていなかった。強い直球を投げられたし、ゼロで抑えられてよかった」

 キーマン3人から3三振を奪った。7回1死一塁でナ・リーグ新人王候補の3番アクーニャを直球で空振り三振。2死一、二塁では前の打席で2ランを放った同じく新人王候補の5番ソトを135キロの直球で空振り三振に斬った。8回1死一塁でも、3回に先制ソロを放った8番ロサリオをスライダーで空振り三振だ。タイミングの取りにくい1メートル88の長身下手投げという変則右腕。ソトは「過去に2、3人、アンダースローを見たが、違う印象を受けた」と驚きを隠せなかった。

 ポストシーズンでは先発、中継ぎとして奮闘。同じ新人のDeNA・東が左肘の炎症で辞退したことにより、プロ未勝利にもかかわらず代表入りした。新人でも代役でもない。まさに、侍のとっておきの「秘密兵器」として躍動し、建山投手コーチも「(打者が)全くタイミングが取れていなかった。今後も楽しみ」と称えた。

 「どれだけ通用するか楽しみ」と胸を躍らせたマウンドで、メジャー軍団に衝撃を与えた浮き上がる投球。23歳は「非常に満足のいく投球ができた」と誇らしげだ。金メダルを目指す東京五輪でも、サブマリンは秘密兵器になり得る存在だ。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年11月10日のニュース