米テレビ局解説者 マー君に差別的発言 アジア人蔑視か

[ 2018年10月8日 07:38 ]

ア・リーグ地区シリーズ第2戦   ヤンキース6―2レッドソックス ( 2018年10月6日    ボストン )

<レッドソックス・ヤンキース>3回を終え、気合の入った表情でグラブを叩く田中(AP)
Photo By AP

 第2戦を中継した米テレビ局「TBS」の解説者ロン・ダーリン氏が、ヤンキース・田中に対して人種差別的発言を行った。

 米ヤフースポーツによると、同氏は「田中には弱点がある」とコメントしたが、「弱点」をアジア人を蔑視する意味とされる言葉で表現。すぐに「言葉の選択を謝罪する」と謝罪文を出したという。

 昨年のワールドシリーズではグリエル(アストロズ)がダルビッシュ(当時ドジャース)に対して人種差別的な言動を行い、今季開幕から5試合の出場停止処分を受けた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年10月8日のニュース