阪神 3試合残して17年ぶり最下位確定 01年以来の屈辱…才木“背信”2回6失点KO

[ 2018年10月8日 20:56 ]

セ・リーグ   阪神5―6ヤクルト ( 2018年10月8日    神宮 )

<ヤ・神>2回無死、中村のゴロを一塁へ植田が悪送球し、ベンチでぶ然とする金本監督  (撮影・大塚 徹)
Photo By スポニチ

 阪神が5―6でヤクルトに敗れ今季78敗目。これで直接対決で負け越している5位・中日を上回ることができなくなり、3試合を残して2001年以来、17年ぶりの最下位が確定した。

 最下位を回避するためには残り4試合で1敗も許されなかった阪神。先発には今季のヤクルト戦での防御率0・00の才木が起用されたが、初回に安打と四球で1死一、二塁のピンチを招くと、雄平に2点適時二塁打を許して先制点を献上。2回にも坂口に適時三塁打、さらにバレンティンにも3ランを浴び、この回限りで降板。2回6安打6失点(自責5)と崩れて10敗目を喫した。

 初回からゼロ行進が続いた打線は5回に併殺崩れの間に1得点。終盤の8回には大山、陽川、梅野と3者連続の適時打で1点差に迫ったが、反撃もそこまでだった。

 ヤクルトは先発のブキャナンが6回4安打1失点(自責0)の好投で10勝目。来日2年目で初の2桁勝利を挙げた。打線はバレンティンが2回の38号3ランで131打点とし、2013年に自身がマークしたシーズン打点の球団記録に並んだ。

 同カードはこの試合で今季の対戦が終了し、対戦成績はヤクルトの15勝10敗。阪神はヤクルト戦において、1996年に15連敗して以来となる10連敗でカードを終えた。

続きを表示

この記事のフォト

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年10月8日のニュース