日大三が秋季東京大会初戦敗退の波乱 目白研心に苦杯 来春センバツ絶望的…済美もコールド負け

[ 2018年10月8日 15:59 ]

 秋季高校野球東京大会1回戦が8日、町田市の小野路球場で行われ、昨年の優勝校で今夏の甲子園ベスト4の日大三が目白研心に5―7で敗れる波乱があった。来春のセンバツ出場は絶望的となった。また、同じく今夏の甲子園ベスト4の済美も8日、愛媛県大会準々決勝(坊っちゃんスタジアム)で今治西に0―7の7回コールド負けを喫した。

 日大三は1回表に3点を先制され、1回裏にすぐさま同点に追いついたが、5回表に再び3点を奪われ、追撃も及ばなかった。

 今夏の甲子園準優勝の金足農も9月18日、秋田県大会準々決勝で横手に3―5で敗れ、センバツの選考につながる秋季東北大会の出場を逃した。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年10月8日のニュース