東大 9回に代打・梅山が偉業砕く左前打 浜田監督「意地の1本」

[ 2018年10月8日 15:01 ]

東京六大学野球秋季リーグ戦第5週最終日 3回戦   明大2―1東大 ( 2018年10月8日    神宮 )

<東大・明大>9回1死二、三塁 岡の内野ゴロで生還する東大・梅山。捕手・西野(撮影・ 久冨木 修)
Photo By スポニチ

 8回まで四球の走者1人しか出ない準完全寸前の東大が9回に意地を見せた。先頭の代打・梅山遼太(2年=四日市)が明大・森下暢仁(3年=大分商)の初球カーブを左前に初安打。偉業を砕く一打となった。

 「ストレート狙いでいったんですが、初球から振ろうと。森下さんのストレートはえげつないから、カーブでも振った。いい所に飛んでくれた」左翼手が突っ込んで弾く間に二塁に進み、最後は内野ゴロで得点。完封すら消す結果となった。

 浜田一志監督も「きょうの森下君は格が一枚も二枚も上という感じの投球だった。ただウチも気持ちが強くなって最後意地の1本が出るようになった」と9回の粘りを評価した。

 2回戦は有坂望(4年=城北)が完投。この日も左腕・小林大雅(3年=横浜翠嵐)が8回2失点、自身2度目のリーグ戦完投と着実に成長してきた。引き分けを挟み0勝8敗で42季連続最下位となったが、楽しみな戦いは続いている。残るは法大戦。「何とか相手のスキを突いて戦いたい」と浜田監督は力を込めていた。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年10月8日のニュース