白鴎大 9回同点も…タイブレークで力尽く 指揮官「よくやってくれた」

[ 2018年6月14日 12:49 ]

第67回全日本大学野球選手権大会第4日 準々決勝   東北福祉大2―1白鴎大 ( 2018年6月14日    神宮 )

<東北福祉大・白鴎大>力投する白鴎大先発・山田啓(撮影・郡司 修)
Photo By スポニチ

 9回に三盗から相手の失策を誘い同点に追いついた白鴎大だったが、タイブレーク(無死一、二塁からスタート)に入った10回に力尽きた。

 黒宮寿幸監督は「三盗はサイン。点が取れそうもなかったので、イチかバチか走らせました。きょうは相手の投手にやられました」と東北福祉大の津森に脱帽した。先発の山田啓太(2年、東海大相模)二番手の中村伊吹(3年、星琳)三番手・大関竜登(2年=真岡工)と、これから成長が楽しみな選手がそろう。

 春先、部員の飲酒で1カ月間謹慎し「野球ができることに感謝。野球の前に生活面、内面からしっかりすることをやってきた」と指揮官は選手のひたむきな姿に「よくやってくれたと思う。この経験を生かして秋も全国に来たい」と前を向いていた。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年6月14日のニュース