マエケン 復帰登板は勝敗つかず 5回5安打2失点

[ 2018年6月14日 12:57 ]

インターリーグ   ドジャース―レンジャーズ ( 2018年6月13日    ロサンゼルス )

レンジャーズ戦に先発したドジャースの前田(AP)
Photo By AP

 右股関節の張りで故障者リスト(DL)入りしていたドジャースの前田健太投手(30)が13日(日本時間14日)のレンジャーズ戦に先発。5勝目を懸けての登板だったが、5回を投げて5安打2失点の内容で勝敗はつかなかった。

 約2週間ぶりのマウンドとなった前田は序盤の3回を1安打無失点。しかし、2点リードで迎えた4回は1死からベルトレに二塁打を許すと、プロファーとガロに連続適時打を浴び、試合を振り出しに戻された。

 5回は先頭の秋信守に二塁打、2死からベルトレに四球を与えて一、三塁のピンチ。だが、この場面でプロファーをニゴロに打ち取り、無失点で切り抜けた。前田はその裏の打席で代打を送られ交代。この日の球数は76だった。

続きを表示

この記事のフォト

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年6月14日のニュース