西武お手上げ…連勝5でストップ 今季最少3安打1得点

[ 2018年4月27日 05:30 ]

パ・リーグ   西武1―4ソフトバンク ( 2018年4月26日    ヤフオクD )

<ソ・西>6回1死一、三塁、松田に3ランを浴びる十亀
Photo By スポニチ

 強力打線がともに今季最少の3安打1得点。西武・辻監督は、攻略できなかったソフトバンク・石川を褒めるしかなかった。

 「テンポよく投げさせてしまった。分かっていてもいいところに投げられると、そんなに打てるものじゃない」。5回までわずか1安打。先制を許した直後の6回に金子侑、秋山の連打と源田の右犠飛で一時は同点にしたが、完全攻略できなかった。6試合連続9得点以上のプロ野球新記録を逃し、連勝も5で止まった。

 4番・山川は2打数無安打1死球で連続本塁打が3試合でストップ。「今まで(打線が)つながっていたのがあるので、こういう試合でこそ打たないといけない。チャンスもつくれていない」と振り返った。(春川 英樹)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年4月27日のニュース