ドラフト候補埼玉栄・米倉 5連続含む9K プロ9球団視察

[ 2018年4月27日 05:30 ]

春季高校野球埼玉大会2回戦   埼玉栄10―0熊谷工 ( 2018年4月26日    大宮公園ほか )

<埼玉栄・熊谷工>4回9奪三振と力投した埼玉栄のエース米倉
Photo By スポニチ

 今秋ドラフト候補右腕、埼玉栄・米倉が先発し、5者連続を含む4回9奪三振と好投。熊谷工を6回コールドで下した。

 「腕が振れなかった」と話したが、自己最速にあと1キロの144キロを計測。9球団が視察し、広島の尾形佳紀スカウトは「伸びしろがある」と評価した。東北時代にダルビッシュ(現カブス)らを育てた若生正広監督は「体は成長した。あとは闘争心」とさらなる飛躍を促した。

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「第90回(2019年)都市対抗野球大会」特集記事

2018年4月27日のニュース