ハム近藤 V打含む3安打!打率4割復帰 栗山監督57歳誕生日祝う

[ 2018年4月27日 05:30 ]

パ・リーグ   日本ハム3―2オリックス ( 2018年4月26日    札幌D )

<日・オ>5回1死一、二塁、勝ち越しの適時二塁打を放ち塁上でガッツポーズする近藤
Photo By スポニチ

 日本ハムの近藤が決勝打を含む猛打賞の活躍で、栗山監督の57歳の誕生日を祝った。1―1の5回1死一、二塁から右中間フェンス最上部に当たる勝ち越しの二塁打。今季3度目の猛打賞で打率が4割台(・403)に復帰した。

 「試合前の円陣でも監督の誕生日というのは言っていたし、そういう(勝ちたい)気持ちはあった」。わずかに本塁打に届かなかった一撃には「もう少しウエートトレをしたい」と笑った。

 栗山監督は12年の就任後、誕生日4勝目。うち12、16年はリーグ優勝だ。4連勝で今季最多の貯金4とし、首位・西武とのゲーム差を3・5に縮めた指揮官は「選手が一生懸命勝とうとしている姿を見ていた。命がけでやって前に進んでいる」と目を細めた。 (東尾 洋樹)

続きを表示

この記事のフォト

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「第90回(2019年)都市対抗野球大会」特集記事

2018年4月27日のニュース