エルドレッド 衣笠さんにささぐ代打V弾 昔の映像見ていた

[ 2018年4月27日 05:30 ]

セ・リーグ   広島4―3DeNA ( 2018年4月26日    横浜 )

<D・広>9回1死、代打のエルドレッドは決勝ソロを放つ
Photo By スポニチ

 バックスクリーンへ打球が刺さる。広島のエルドレッドが3―3の9回1死から代打で決勝4号ソロ。DeNA・山崎の147キロ高め直球を捉えた。

 「毎日試合に出られない難しさはある。それでも気持ちは切り替えて打席に入った」

 17日にバティスタが1軍昇格してから出場機会は激減したが、集中力はさすが。代打アーチは15、16年に続く自身3本目で、全てが決勝弾だ。来日7年目。お立ち台での質問は全て分かるが「通訳の仕事がなくなる」と英訳を待つ。カープを愛し、23日に死去した球団OB・衣笠祥雄氏のことも知っていた。「昔の映像を見ると衣笠さんがよく出ている。“3”が永久欠番で、素晴らしい選手だ」。白星は鉄人の弔いになると理解していた。

 1、2位直接対決の初戦で首位を奪い、3連戦3連勝で2・5ゲーム差をつけた。「接戦をものにできたのは大きい」と緒方監督。24試合消化時点で15勝9敗は、昨年の15勝8敗1分けとほぼ同ペース。球団初のリーグ3連覇へ、早くも軌道に乗った。

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「第90回(2019年)都市対抗野球大会」特集記事

2018年4月27日のニュース