立正大1勝 釘宮が好救援 1回戦の雪辱6イニングを1失点

[ 2018年4月27日 05:30 ]

東都大学野球第3週第2日   立正大6―5亜大 ( 2018年4月26日    神宮 )

 2回戦2試合が行われ、ともに1勝1敗のタイに持ち込まれた。立正大は4回から救援した釘宮光希投手(4年)が1失点の好投で亜大を振り切り、国学院大は鎌仲純平外野手(3年)の3打点の活躍などで東洋大に競り勝った。

 立正大が4戦目で今季初勝利を挙げた。1回戦で5失点の釘宮が4回から救援。6イニングを1失点に抑え雪辱を果たした。シーズン前、右肩の不調もあって投げ込み不足で調子が上がらず苦しんだが、ここに来て本来の投球を取り戻した。「1勝するのは難しいですね。ストレートで押せるところは押せたのでよかった」とエースの責任を果たし、笑顔を見せた。

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「第90回(2019年)都市対抗野球大会」特集記事

2018年4月27日のニュース