“鬼の福良”に変ぼう サインミスの杉本と鈴木昂を懲罰降格

[ 2018年2月19日 05:30 ]

 オリックス・福良監督が18日、ともに3年目の杉本と鈴木昂に対し懲罰降格を命じた。

 「(降格は)サインミスしたから。話にならないので」

 温厚な人柄で知られる指揮官の言葉は、怒気をはらんでいた。今季初の“鬼の福良”に変ぼうさせたプレーは前日17日の紅白戦での走塁ミス。3回無死一、二塁の場面で、二塁走者・鈴木昂がエンドランのサインを間違えると、同様に、5回無死一、二塁では二塁走者・杉本がエンドランのサインを見逃した。

 福良監督は「やっぱりチームプレーですから。あの2人は明後日(20日)の紅白戦にも出しません」と吐き捨てた。「競争」をテーマに臨む春季キャンプも終盤を迎える。代わって西野と2年目の根本が昇格。逆襲へ指揮官が一層引き締めにかかる。(湯澤 涼)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2018年2月19日のニュース