巨人ヤングマン“消える”カーブ 2回零封にヤ偵察隊も警戒

[ 2018年2月19日 07:25 ]

練習試合   巨人5―7韓国・KIA ( 2018年2月18日 )

<巨・韓国KIA>2回を無失点の抑えたヤングマン
Photo By スポニチ

 高橋監督も感激!巨人の新外国人ヤングマンが韓国・KIAとの練習試合で2回を1安打で零封した。「最後の2人を三振に抑えたカーブが収穫」。2イニング目の6回、1死満塁から決め球とカウント球に使い分けて2者連続で空振り三振に斬った。ヤクルト・西沢浩一スコアラーは「独特。グーンという阪神のメッセンジャーみたいな感じでなく、スっと消える」と評した。

 カーブだけでなく、「打者にボールが見えないように」とインステップして繰り出す直球も動く。最速146キロを計測し、110キロ台のカーブと緩急をつけた。指揮官は「カーブも大きいし、直球も少し動いているのかな」と好印象を抱いた。

 12日の紅白戦では2度のボークを取られたが、こちらも対応した。ゲレーロ、マギー、マシソン、カミネロと4つの外国人枠を争う。勝ち取るのは容易ではないが「ベストを尽くすだけ」と課された課題を乗り越えていく。 (川手 達矢)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2018年2月19日のニュース