千賀がソフトB開幕投手 育成初 工藤監督明言「もう一つ上のレベルに上がって」

[ 2018年2月19日 19:13 ]

 ソフトバンクの工藤公康監督は19日、宮崎市内で取材に応じ、3月30日のオリックスとの開幕戦で千賀滉大投手を先発起用すると明言した。25歳の千賀は育成ドラフト4位入団でプロ8年目。育成出身の開幕投手は12球団初となる。同監督は「もう一つ上のレベルに上がって、ホークスを引っ張る投手になってほしい」と理由を語った。

 千賀は昨年3月のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)で活躍。昨季のレギュラーシーズンでは2年連続2桁勝利となる13勝(4敗)を挙げ、勝率第1位のタイトルも手にした。

 今月15日に本人に伝えたという工藤監督は「24度投げて、24個勝てる投手になれる」と才能の高さを表現する。千賀自身は「今までで仕上がりは一番早い」と順調に調整。18日の紅白戦では150キロを超える剛速球を披露していた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2018年2月19日のニュース