浜ちゃん制球難…5回に4四死球「試そうとしすぎて中途半端に」

[ 2018年2月19日 05:30 ]

練習試合   DeNA2―5ヤクルト ( 2018年2月18日    浦添 )

<ヤ・D>DeNAの2番手で登板した浜口
Photo By スポニチ

 DeNAの開幕投手候補の浜口が、今春初の対外試合で制球に苦しんだ。

 登板した5回、押し出しを含む4四死球で1失点。「いろいろ試そうとしすぎて中途半端になった」。新球の高速スライダーも試したが「今の段階では打者に捨てられている」と振り返った。

 6回以降は修正し、4イニングで安打なし。ただ球数は80と多く、ラミレス監督は「多すぎる。(制球力を)向上してもらいたい」と苦言を呈した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2018年2月19日のニュース