ロッテ下位コンビ猛アピール ドラ5渡辺&ドラ6永野が好投

[ 2018年2月19日 05:30 ]

練習試合   ロッテ5―1台湾・ラミゴ ( 2018年2月18日 )

ラミゴ戦に先発し、好投したルーキーの渡辺
Photo By スポニチ

 ドラフト下位コンビが台湾・ラミゴ戦でアピールした。先発した5位・渡辺(NTT東日本)は2回2安打無失点。2回無死一塁では二ゴロ併殺と持ち味の粘りを見せた。「開幕1軍に入りたい」と意欲十分で、井口監督も「先発で回したいと思わせる」とローテーション候補と認めた。

 6位の永野(Honda)は1回無安打無失点。最速147キロで、初速と終速の差が2キロと伸びがあり2三振を奪った。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2018年2月19日のニュース