エ軍指揮官 大谷の三刀流プラン披露「代打でも代走でも使う」

[ 2018年2月19日 05:30 ]

初の打撃投手を終え捕手のマルドナドとタッチを交わす大谷(左)
Photo By スポニチ

 エンゼルスのマイク・ソーシア監督が大谷の「三刀流プラン」を掲げた。「代打でも代走でも使う。彼は簡単に何でもやってのける」と投打に加え、走力も高く評価していることを明かした。大谷は1メートル93の長身でストライドが大きく、走塁センスも高い。

 また、エ軍は昨季16本塁打を放った一塁手のクローンを、レイズにトレードで放出したことを発表。今年は主砲のプホルスが一塁守備に就き、登板日以外に大谷をDHで起用する動きが加速した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年2月19日のニュース