元NFL選手ティーボー メッツキャンプに合流 GMは期待の眼差し

[ 2018年2月19日 14:52 ]

ティム・ティーボー外野手 (AP)
Photo By AP

 元NFL選手で現在はメッツのマイナーに所属するティム・ティーボー外野手(30)が18日、フロリダ州ポートセントルーシーで行われているメジャーキャンプ地に合流した。

 ティーボーはプロフットボールのNFLでクォーターバックとしてプレー。引退後の2016年にメジャーリーグを目指して野球への転向を決意した。メッツとマイナー契約を交わし、昨季は傘下1Aで126試合に出場して打率2割2分6厘、8本塁打、52打点。昨年に続いてメジャーのキャンプに招待選手として参加することになった。

 昨年のオープン戦ではメジャーレベルの投手を相手に苦戦を強いられ、9試合出場して打率1割4分8厘(27打数4安打)。今キャンプ期間中のオープン戦では成長した姿を見せ、上のレベルヘの昇格をアピールしたいところだ。

 ティーボーの野球転向に関しては、懐疑的な見方もされているが、アルダーソンGMは「彼はいつかメジャーでプレーすると思う」と期待の眼差し。「向上しようとする姿勢があり、オフには打撃コーチともに多くの時間を練習に費やしていた」と同GMは続ける。また、今季からメッツを指揮するキャラウェイ監督も「彼がキャンプに招かれたのは、メジャーのレベルでプレーできる可能性があるからだ」と同調。果たしてオールドルーキーの誕生となるだろうか。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2018年2月19日のニュース