阪神 ドラ5谷川 沖縄入り 第5クールから1軍キャンプに「やっと第一歩」

[ 2018年2月19日 18:33 ]

1軍宿舎に到着した谷川
Photo By スポニチ

 阪神のドラフト5位・谷川昌希投手(25=九州三菱自動車)が19日、沖縄入りした。第5クールから1軍キャンプに昇格するためで、「率直にうれしいです。これからだとは思いますが、やっと第一歩を踏み出せた気がします。しっかり結果を残して、生き残れるようにしたい」と抱負を口にした。

 沖縄・宜野座と高知・安芸と距離が離れていることもあり、金本政権下ではこれまで春季キャンプでの選手の入れ替えはほぼなかった。1軍昇格の知らせを聞いた際は、「練習終わって、ウエートをやっているときに呼ばれて。最初は何かやらかしたかな、と思った」と笑い、どきどきしながら首脳陣に呼ばれたことを明かした。

 2軍では実戦初登板だった12日の練習試合・韓国ハンファ戦で、9回の1イニングをわずか9球で3者凡退。さらに17日の西武戦でも2回1安打無失点としっかり結果を残した。矢野2軍監督から「自分の持ち味を出してこい」と激励されたといい、「試合でインコースを突く投球を評価してもらったので、1軍でもぶれずにやりたい。自分はブルペン映えする投手ではない。実戦で結果を残したい」とキッパリ。新人最年長右腕は、巻き返しを誓っていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2018年2月19日のニュース