京田“前哨戦”でマルチ「取り組んでいることができている」

[ 2018年2月19日 05:30 ]

練習試合   中日1―4広島 ( 2018年2月18日    コザしんきん )

<広・中>1回表1死二塁、塁上で指を立てる京田
Photo By スポニチ

 開幕カード前哨戦で中日・京田が気を吐いた。広島との練習試合でマルチ安打。初回、先頭打者として高橋昂の直球を右前に運ぶと、8回にも塹江から左前打を放ち「1打席目からしっかり対応できた。キャンプで取り組んでいることができている」とうなずいた。

 昨季の新人王はオフからスタンスを狭めた新しい打撃フォームに取り組んだが、キャンプイン後、調子が上がらず元のフォームに近い打ち方に戻した。その後、短い距離で緩い球を打つ練習に時間を割き「間の取り方ができるようになった」と復調。マルチ安打は前日の巨人戦に続き2試合連続で、4本とも左腕からだ。昨季、右投手の対戦打率が.273の一方で左投手は.235。「左腕からでも打たないと試合に出させてもらえない」と危機感を持つ。

 3月30日の開幕戦の相手となる広島に、チームは5安打1得点と振るわなかった。余計に際立つ存在感。「守っていて相手の打線は迫力があった。経験できて良かった」。頼れるリードオフマンが、2年目のジンクスを自らの打棒で吹き飛ばす。 (徳原 麗奈)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年2月19日のニュース